cores コレス コーングラインダー 定番 シルバー 新作ウエア C330

cores コレス コーングラインダー シルバー C330

cores コレス コーングラインダー 定番 シルバー C330 cores コレス コーングラインダー 定番 シルバー C330 8600円 cores コレス コーングラインダー シルバー C330 ホーム&キッチン 家電 キッチン家電 コーヒーメーカー・コーヒーミル 電動コーヒーミル 8600円 cores コレス コーングラインダー シルバー C330 ホーム&キッチン 家電 キッチン家電 コーヒーメーカー・コーヒーミル 電動コーヒーミル コーングラインダー,cores,8600円,abilityunlimited.in,/airlift54248.html,シルバー,コレス,C330,ホーム&キッチン , 家電 , キッチン家電 , コーヒーメーカー・コーヒーミル , 電動コーヒーミル コーングラインダー,cores,8600円,abilityunlimited.in,/airlift54248.html,シルバー,コレス,C330,ホーム&キッチン , 家電 , キッチン家電 , コーヒーメーカー・コーヒーミル , 電動コーヒーミル

8600円

cores コレス コーングラインダー シルバー C330

商品の説明

挽きムラが少なく均質で豆の風味を失わない、スペシャルティコーヒーに適したコーン式グラインダー
ワンランク上の豆本来の個性とおいしさを、毎日手軽に味わうためのグラインダー
低速回転のコーン式グラインドユニットが、均質な粒度と風味の劣化を抑える
粒度は極細挽き~粗挽きまでの無段階。飲み方に合わせた細やかな調節が可能
酸化した微粉を残さない直下式構造と手入れの手軽さ
直下型構造にすることで、古い微粉が内部に残ることを最小限に抑える
独自のグラインドユニット取り外しシステムで、手入れと交換が手軽に行える


メーカーより

ラッセルホブス Russell Hobbs 電気ケトル 細口 お湯 沸かす ラッセルホブスラッセルホブス Russell Hobbs 電気ケトル 細口 お湯 沸かす Russell Hobbs 電気ケトル 細口 お湯 沸かす ラッセルホブス Russell Hobbs Amazon.co.jp限定 コレス コーヒー豆 スタンダードコーヒーラボブレンド 150g レギュラー 豆 珈琲豆 ラッセルホブス Russell Hobbs Amazon.co.jp限定 コレス コーヒー豆 スタンダードコーヒーラボブレンド 150g レギュラー 豆 珈琲豆 ラッセルホブス Russell Hobbs Amazon.co.jp限定 コレス コーヒー豆 スタンダードコーヒーラボブレンド 150g レギュラー 豆 珈琲豆 珈琲豆 コーヒー豆 挽く ミル オート 電動
電気カフェケトル 温度調整電気ケトル 【Amazon.co.jp限定】 コーヒー豆 タオカコーヒー ブレンド 【Amazon.co.jp限定】 コーヒー豆 スタンダードコーヒーラボ ブレンド 【Amazon.co.jp限定】 コーヒー豆 レック ブレンド 電動コーヒーミル
コーヒーセレクション ドリップに適した細長い注ぎ口 お好みの温度までわかし、設定温度でキープ 兵庫県の人気ロースターによるamazon.co.jp限定のブレンド 北海道の人気ロースターによるamazon.co.jp限定のブレンド 福岡県の人気ロースターによるamazon.co.jp限定のブレンド 短時間操作で満足な仕上がり、粉をこぼさずフィルターへ

cores コレス コーングラインダー シルバー C330

購入してから1カ月以上経過しています。値段と粒度が安定しているという事で購入しました。いい感じです。 満足! コスパ高い思います。購入後エスプレッソに興味を持ち始め、C330でもいけるかな…と思いましたが、極細で挽くのには向いていないようです。しかし、ドリップコーヒー向きなんだと思います。 掃除もラクチン。静電気対策でアルミのカップを使っていますが、まだ対策は必要そう。豆をひいた後、ポンポンと叩いて中の粉を落としていますが、片付けるときに動かすと残りが落ちてきてしまいます。掃除すりゃいい話なので、仕方ないかな?と思っていますが、これが何とかなったらいいなとは思います。おそらく他のグラインダーも同じような問題が多少はあるはず。
メディアを読み込めませんでした。  コスパ最強とは言い切れませんが、コニカル式のグラインダーとしては取り扱いの面では最強かと思います。全てのパーツがはまっていないとモーターも回らず安全です。排出口のプラスチック部に超粉がつくので、引き終わってから衝撃が加わると大惨事…標準のコンテナは使わないのが支流、ダイソーのステンレスマグカップのカラビナをはずし使用しています。後高さが5ミリ低い方が使い勝手が良い。
カリタのナイスカットGが3年半で壊れて修理も大変なので2万円以下のものに買い替えようとOXOやwilfaと悩みましたが、粉の経路が直下式で分解掃除や静電気対策がし易そうなC330にしました。商品仕様欄に高さが33cmと書いてありますが取扱説明書と実測では34.5cmでした。色んなサイトのレビューを見て、コンテナの内側、フタの両面、粉出口に静電気で粉が付着してトレイの上に粉が落ちてくることは覚悟していたので、これまでの経験を活かして静電気対策をしてみました。但し、冬も大丈夫かは未だ分かりません。約60gまでならコンテナの底にカリタのウェーブフィルター2~4人用を両面テープで留めてフタをしないで挽いても、粉の周りへの飛び散りやコンテナとの隙間への入り込みもありません。只、付属コンテナは口径が大きくて粉をドリッパーなどに移しにくいので、マグカップ1杯分で20g以下を挽く時は、1~2人用のドリッパーとフィルターを粉出口を覆うように直接置いて、またはナイスカットGで使っていた銅製マグカップ(内径約76×深さ約80mm)に挽いています。こうすると粉の付着が少なくなり後始末が楽になります。いずれの場合も挽く時の振動でズレてしまわないように、またトレイ表面のキズ防止のためにシリコンシートを敷いています。ホッパーの底の傾斜が小さく豆がきれいに滑り落ちて行かないのでミルブラシで落としています。ナイスカットGで使っていた付属ミルブラシ、カメラ用ブロワー、ハンディ掃除機が今も掃除に役立っています。
最近ドリップコーヒーを始め、最初はハンドミルで豆を挽いていました。しかし、二人分位ならよいのですが、それ以上の人数になると手が疲れてしまうため、電動ミルを購入することにしました。候補には、カリタのナイスカットミルも当然上がりましたが、やはり価格がネックになりお手頃価格のこちらの商品を購入することにしました。実際使用した感想は、「使いやすい」です。豆の挽き加減の調整、手入れのしやすさ等とても簡単で、もちろん豆の挽具合も均一でとってもおいしいコーヒーを飲むことができています。ただし、豆を挽いた後粉の出口付近に、結構大量の微粉?が残ってしまい、その点だけが残念です。